刑事事件の弁護士費用の種類

刑事事件の弁護士費用は法律事務所によって様々です。1件の刑事事件を数十万円でやってくれるところもあれば数百万取る事務所もあります。ここではわかりにく刑事事件の弁護士費用をわかりやすく解説します。

まず、弁護士に仕事を頼む場合には、着手金というものがかかります。
着手金は仕事を始める前に支払うお金です。
これは仕事を上手くいかなくても返ってこないお金です。
また、着手金とは別に仕事が終わった段階で成功報酬というものがかかります。
これは仕事の結果に応じて金額が変わるものです。
さらに、この他に交通費やコピー代などの実費がかかります。

さらに、弁護士によってはこれらの費用の他に、接見費用や身体解放手続きの着手金、成功報酬、保釈着手金、保釈成功報酬、裁判期日の日当をとるところがあります。

弁護士費用の相場

刑事事件は事件の重大さによって、弁護士にかかる労力が変わってくるため、費用も事件の大きさにより大きく変わります。
そのため、ここでは前科がなく、覚せい剤の自己使用や被害金額の小さい一般的な刑事事件についての費用を説明します。

着手金の相場

起訴される前の着手金の相場は30万円から60万円です。これは逮捕されているかどうかによっても変わってきます。

これより低額な法律事務所もありますが接見費用や成功報酬が高めであったり、安い分、大量の事件を引き受けている事務所の可能性がありますので、注意しましょう。

起訴前の段階で依頼をする場合、着手金を払う前に確認しておかなくてはいけないこととして、起訴された際にあらためて着手金が必要となるのか、それとも最初の着手金で最後までやってもらえるのか、はっきりさせておきましょう。トラブルになりやすいところです。

成功報酬の相場

成功報酬の相場は30万円から60万円です。
不起訴や罰金、執行猶予がついた場合に成功報酬が発生する事務所が多いようです。また、求刑の8割以下に判決をおさえた場合も成功報酬が発生する事務所もあります。

接見費用の相場

被疑者や被告人が逮捕されている場合は、弁護士が面会に行く度に接見費用がかかる事務所があります。
費用の相場は1回2万円から5万円です。
着手金や成功報酬と違って、まとまったお金でないように思われますが、1回の刑事事件で5回程度面会する場合もあります。その場合、10万円〜25万円がかかることになりますので、決して軽視できない金額です。

接見費用はとっていない弁護士事務所も沢山あります。

身体解放手続きの着手金相場

勾留取消、勾留の執行停止、勾留決定に対する準抗告など逮捕されている被疑者や被告人を釈放するために取る手続きの着手金の相場は10万円〜20万円です。これは手続きを取るためにかかる費用で結果が上手くいかず釈放にならなくても返ってきません。費用をとっていない事務所もあります。

身体解放手続きの成功報酬相場

身体解放手続きが上手くいった場合の成功報酬の相場は10万円〜30万円です。拘束されていた被疑者や被告人が釈放された場合にのみかかります。基本料金の中で全てやってくれる事務所もあります。

保釈請求の相場

保釈請求をするにあたって、かかる費用です。保釈請求の着手金の相場は10万円から20万円です。保釈が認められなくても返ってきません。注意が必要なのは保釈には保釈金がかかるということです。保釈金は100万から300万円程度のケースが多いでしょう。
また、成功報酬は保釈金額の20パーセントとしているところが多いようです。保釈請求は無料でやってくれて費用をとらない事務所もあります。

裁判期日の日当

裁判の期日ごとにかかる費用です。弁護士一人につき2万円から5万円かかるところが多いようです。
日当をとっていない事務所もあります。

弁護士費用のまとめ

このように刑事事件の弁護士費用には様々な種類があります。
費用の総額は安いところでも60万円以上、高いところだと200万円を超えます。しっかりと検討するようにしましょう。


上記は刑事事件を扱う法律事務所に依頼した場合の費用ですが、経済的に困窮した家庭では(概ね預貯金や手持ちの現金が30万円以下で資産がない場合)国選弁護人や当番弁護士の利用を検討しましょう。
国選弁護人や当番弁護士は弁護士を選べないという重大な欠点や融通がきかないという面があるものの、弁護士がつかないよりは遥かにマシです。
より詳しい情報や刑事事件以外の弁護士費用について知りたいかたは、こちらも御覧ください。
弁護士費用の相場

国選費用の相場

当番費用の相場

このページの先頭へ